センター真乃のGRAD育成のポイント(シャニマスのオタクになれ!)

センター真乃のGRAD育成のポイント(シャニマスのオタクになれ!)

あわせて読みたい

センター真乃のGRAD育成のポイント

ひっさびさの育成カテゴリです

なんか凄いの出来たので育成論的なものをつらつら書いてこうかなと

202005220000042df.jpeg

ボジション補正を加味すると
WING・感謝祭産の約1400-1060-670相当

アビリティは絆2種+絆以外のアピール系全4種取得できています

まずは編成の説明

めぐひおは割愛

【晴れよか恋鐘】

パッシブが強力な事に加え、
ユニットマスタリーSPと、真乃と相性の良いボーカル周りのスキルを持つ事から確定枠

パッシブと上限を取る為の最低限の解放で上限が130開けられるのが優秀

【甘々霧子】

体力マスタリー7+ダンスマスタリー
高レベルの体マスは1人いると育成が楽になる事と
恋鐘のユニットマスタリーSPと噛み合うことから採用

・奇譚でない理由

奇譚はサポイベが旧型の4種型である点と、
イルミネセットはボーカルが伸びやすい事に加え、
後述する育成方法に関してもボーカルが伸びやすく
ダンスが伸びにくい為、甘々を選択

ですが、役割的に奇譚でも充分だと考えています
強いEX貼れてるなら尚更

【四畳半三峰】

恋鐘のユニットマスタリーSPと噛み合う上、
自身でもSPを生み出せ、めぐひおと合わさるとトークで回復出来るのが優秀

そしてひらめきがダンスである点が後述の育成方法と噛み合う

重なるとステータスが大きく伸ばせる駅花セットを
アンティーカの体力マスタリーとSP供給でサポートするというわかりやすいコンセプト

また、上限は真乃+灯織+恋鐘+アビリティのVo50
これを基本ベースにしています

Vo2.5倍を共通にする事でロスを減らし
Da2.5倍を取らない為負担が減ります

ステータスの要求値が低いGRADで
VoDa両方の2.5倍を使う従来の育成は無駄が大きい

ちなみに今回めぐるまで開けに行けたのは運が良かっただけです
Viも結果的に突破してたので、できすぎですね

感謝祭と異なり限定サポートのパネルは基本的に素直に最低限だけ開けるのが
SPの厳しいGRADでのスタンダードですが
ステータスを高くしたいなら灯織のパネルのみ全開放を推奨

その為にはサポートイベントアップのEXがあると安定します

使用アイテムは親愛のお守りが大前提

編成を変えたのでアイテム無しで何回か試走した後、1回のみ使用

このブログを読まれてから育成してみようという方も、
お守りをいきなり使うのではなく試走してみる事を推奨します

続いて実際の育成方法です

まず初手はBブロックを選択

ダンスのレベルが3上がっています

レベルが上がっている施設のレベルは(恐らく)上がらない為
この週でボーカルレッスンのレベルを1上げることが目的
ここは運ゲーです

ボーカルレッスンを意識しつつ、ダンスやトークの配置が良ければ踏みましょう

初手Dブロック派の方もいますが、当然トークのレベルはシーズン2以降1に戻ります
3から1に戻るより1スタートでレベルがずっと上がって行く方が、
ダンスレッスンも無駄にならない真乃にとってはアドバンテージがあると考えています

めぐるや灯織のひらめき×2を引いたらなるべく絆を終わらせるのを意識する事、
オールラウンダー◎が運ゲーなので早めにオールラウンダー○を終わらせる事、
スロースターター・スタートダッシュは取れる時に取っておく事

アビリティで序盤~中盤にかけて意識をする事です

他に取るアビリティはひらめきがバラけている為、特に意識せずとも取る事が可能です

続いてシーズン2からは全てAブロックを選択

レベル5の状態でボーカルレッスンがやりたい放題に

これ以降の育成は、
【レッスンでボーカル・SPを伸ばし、PRでダンス・SPを伸ばす】という至極単純明快なものになります

この2つが上手くハマった時が強い2極を完成させる事が可能になる時

PRは勿論真ん中に行く訳ですが、それぞれのPRは対応する属性のひらめきが多いほど
高い補正を得る事ができます

つまり真乃の場合、Daのひらめきをいかに多く集めるか、もっと言うのであれぱDa×2を大量に引けるかが
育成のポイントになるわけですね。SPになるSSRのひらめきも出ると助かります

ここで三峰がダンスであり、めぐると合わせてダンスのひらめきが2つある事が
育成において重要になつてきます

ボーカルに関してはレベル5が保証されてますから
1000くらいなら安定して行けるので
やはり鬼門はダンス

良いレッスンをしつつ、必要なアビリティを取りつつ、
ダンスが集まったPRを2~3回しないといけません

難しいアビリティを終えている場合残りはバランス型が多いので、スロットが弱く埋まりそうになったら
バランス型アビリティで消化、残ったダンスにダンスを追加し埋めてPRへ

こんな動きが出来れば理想ですね

実際は必要なアビリティを取りつつになるので、ワンアクションで多くのひらめきを
集めるか、効率良く難しいアビリティを終わらせていかないと
レッスンとPRの往復がグダグダになってステータスが中途半端になってしまいます

ちなみに、場合によってはMe×4やVi×4などを
他の使わないアビリティで削除しスロットを開け、
そこからDaがいる所に行って全体のDa濃度を高めるといった選択肢もあります

主流となっているアビリティを取るだけの育成は非常に楽で、それはそれで良いのですが
PRを絡める育成をやってみるとGRADの育成の醍醐味が伝わると思います

まだまだ説明不足かとは思いますが、今回はここで終わり

続きを見る(外部サイト)

シャニマスのオタクになれ!カテゴリの最新記事